為替相場と外貨準備高

日本の外貨準備高は世界2位といわれています。
主に米国債で外貨を保持してるといわれていますが、原則的に外貨準備高が増えるほど、円安に遷移いたします。

なぜなら、日本円で米国債を購入すると言うことは円を売ってドルを買うと言うことです。

この時の相場変動の理屈は、通常の市場原理と同等と考えていいでしょう。

売られたものは市場に流通するし、供給量が増えるため
値段が上がります。

逆に、買われたものは市場に供給されているものが減るため値段が下がります。

ここ最近の円安の流れは、量的緩和により円を大量に発行してドルを買っているため円安に流れていると見られています。
※ただし、財務省は米国債をいくら保有しているか公表していないため、具体的にどのように保有量が遷移しているか不明

日本は米国債を買い支えています。
どういうことかといいますと、米国の借金の肩代わりをしているわけです。

借金の肩代わりといっても、債権でありますから資産でもあります。

しかし、今まで一度たりとも日本が保持している米国債は換金されたことがないと言われています。

要するに国債が現金になったことがないわけです。

現金になったことがない米国債を、延々と買い支え続けているのが日本なわけですね。

おそらく、これからも日本は米国債を買い支え続けるでしょう。

金本位制から移行された今は、世界の通貨の価値は
ドルを基準に考えられているため、そう簡単にその価値がなくなることはないと思いますが、万が一米国がデフォルトに陥った場合は、日本の持ってる米国債は無価値になります。

ドル安に遷移したときのリスクもあります。

ただし、そのようなリスクを回避しようと米国債を売って円に変えようとすると、冒頭で述べたとおり、ドル安になってしまいます。

日本が保持している米国債を全て売ってしまうとドルが破綻するかも知れません。

しかし、外貨準備高は国内の景気対策等では円に替えないと使用できないため、使い道がありません。

2国間融資で使用するとなると、踏み倒される可能性があるためリスクが大きいですし、眠ったお金になってしまうのですね。

外貨準備高は多いほうがいいし、ドルを買い支えると円安に進むので日本にはメリットもあるのですが、扱いが難しいお金でもあります。

そこで、2011年。
当時の中川財務大臣が外貨準備高からIMEへの融資を行いました。

この時、ストロスカーン専-務理事は「人類の歴史上、最大の貢献だ」と発言しています。

SNSでもご購読できます。