お金は心を満たす存在

小さい頃にお小遣いをもらって駄菓子屋に行った思い出はありますか?お金を握りしめて希望と期待に胸を膨らませたあの頃に、限られた予算で自分の欲望を如何に満たすかを考えて、選択し、決断してお金を使う。こういった経験はお金の価値や存在に対しての勉強になります。お金は心と生活を豊かにします。しかし、自分の選択次第で満足度は左右されます。そこで、効率よく、心と生活を満たす為にたくさんのお金を稼ぐ事が当たり前に考えられますよね。

ほとんどの人は社会に出てからお金を稼ぐ事の難しさに気付き、一方でお金の万能さも実感するでしょう。お金を稼ぐ事ができる人は様々なモノを買う事ができ、また人間にとって有限な「時間」をも買う事ができます。自由に使えるお金と自由な時間が多ければ多いほど、心と生活を満たすための選択肢もひろがり、より一層の生きる喜びを感じる事ができるでしょう。

世の中の仕組みはお金です。お金を稼ぐ事ができれば人生を楽しむ事ができ、逆にお金を稼ぐ事ができなければつまらない人生を送る事になるでしょう。
お金がすべてではありません。人によっては貧しくも満たされた一生を過ごせる人もいます。でもこれは人間の素質によるところが大きいです。貧乏でも心が貧しくならずに満たされた気持ちで生きる事ができるのは才能です。だいたいの平均的な人間は心を豊かに保つ事が難しく、例えお金ががあっても不幸だと思って生きる人もいます。つまり、お金があれば幸せになる確立が高く、お金がないと幸せになる可能性低いと考えてもらったほうがわかりやすいかもしれません。

では、どうすればお金を稼ぐ事ができるのか。最近ではスマートフォンを使った副業、主婦が自宅でお金を稼ぐ在宅ワークなどが流行っていますし、具体的にはアフィリエイトやバイナリーオプションというような個人で稼げる方法が数多くあります。お金を稼ぎたいなら、例えば自分に合う(稼げる)仕事を探して転職を繰り返すリスクよりも副業を始めて今の給料にプラスオンでお金を稼ぐ選択肢をオススメします。小さい事から繰り返し学んできたお金が如何に心を生活を満たしてくれるかという事は、死ぬまで考え続けられる人生のテーマだと思います。

SNSでもご購読できます。