ネットビジネスの勝敗を分かつのはデザインです

ネットビジネスの勝敗を分かつもの。それはコンテンツのクオリティではありません。むしろ、クオリティなどどうでもよいのです。重要なのは、デザイン力です。どんなに秀でたコンテンツを有していても、並のwebデザインでは消費者にそっぽを向かれるだけです。しかし、どんなにありふれたコンテンツであっても、webデザインさえ秀でていれば、消費者はあなたのサイトを読んでくれます。webデザインの第一印象の良し悪しが、ネットでのビジネスの勝ち負けを決定づけるのです。

日本ではデザインが軽視されてきました。ビジネスにデザインなんて関係ない。大切なのはコンテンツのクオリティとプロモーションだけだ。そんな古い考えが日本のビジネスには蔓延してきたのです。その結果、日本経済はどうなったでしょうか?アメリカやヨーロッパのデザインを重視する企業に、市場を根こそぎ奪い取られてしまいました。かつてはモノづくり大国と自賛していた日本の家電は今や世界ではまったく売れません。それはデザインが野暮ったいからです。そのかわり今や世界を席巻するのはデザインに秀でた商品です。AppleのMacやiPhoneを思い浮かべてください。筐体からOSまで、徹底してデザインにこだわることによって、彼らは現在の地位を築き上げました。デザインの重要性にいち早く気づいたからこそ、Appkeは世界中で支持されるにいたったのです。

ネットビジネスでもデザインが大切なのは同じです。オンライン消費者のほとんどは、デザインが気に入らないサイトには二度と訪れません。そして、良いデザインは購買意欲をかきたてます。消費者を惹きつけてやまないwebデザインあってこそのネットビジネスなのです。これからネットビジネスで一旗揚げようと望まれる方々は、webデザインのクオリティへの配慮を決して忘れないで下さい。ついつい買いたくなるお洒落なwebサイトを作りましょう。インテリアにこだわったカフェに客があつまるように、デザインにこだわったwebサイトには客が集まります。そうなればビジネスは成功したようなものです。

SNSでもご購読できます。