ネット副業に最適なのは、小企業のサイト維持業?

ネット副業の裏技的な方法をご紹介します。
小規模な会社の運営するサイト…これを「問題なく閲覧出来る状態に維持する」という請負業務が存在します。
具体的にそのサイトに対して何をするのか?なのですが…ほぼ何もしません(笑)
ただ、最低限のサイト制作知識がある事が前提ですが、これは勉強すればすぐに身に付きます。
業務の詳細は、サイトがアップされているレンタルサーバーとの契約状況を確認して、そのサイトの作り・問題がある箇所がないかなどを最初に確認します。
そして毎月、レンタルサーバーに対してお金が支払われ、その他何か問題がないかをほんのわずかな時間で監視するというものすごく簡単なものです。
これで年間30万円を貰っている知り合いがいますが、なぜこんな簡単な業務をわざわざお金を支払って発注する企業があるのか?
ここがネット副業でよく利用されている仕組みなのですが、小企業の社長さんスタッフさんは「ネットに詳しくない」からなのです。
サイトは誰か詳しい人が管理していないと、ウィルスに感染したり何かよく分からない理由で閲覧出来なくなってしまう..というふうに思っている方が多いのです。
このネットに対する知識の格差が、思わぬ定期収入を生むのです。ネット副業で稼いでる人は、クライアントに対してさぞこのネタばらしをされたくないで事しょう。
またこれと同じようなケースで、SEO対策があります。
これは都心以外の地域、私が実際に行った例であれば新潟県のある市にある清掃会社のサイトのSEO対策を請け負いました。
あまり人口の多くない地域で、SEO対策を行っている会社も非常に少なく、ライバルがほぼいない状態で「◯○市 ハウスクリーニング」というキーワードで1位を目指す事となりました。
結果、1ヶ月で達成です。
実際に行った作業は「様々なサイトと相互リンクを貼る」のみでした。
もちろんこれ以外にもSEO対策に有効な施策はたくさんあります。が、このケースは本当にライバルが皆無に近かったのでこれだけで1位を獲得出来たのです。これで毎月3万円もらっています。
ネットの知識格差を利用した副業…ちょっと裏技ですが、是非お試し下さい。

SNSでもご購読できます。