ネット副業のアフィリエイトは品質重視でいこう

最近のネット副業におけるアフィリエイト界隈は、薄っぺらなペラページやペラサイトが嫌われている傾向にあるようです。なぜ、評判が下がり続けているのかというと、1ページのブログやサイトを量産していて50~100以上を作り続けている人たちの感想が総じて、圏外に飛ばされて戻ってこない末路を辿っているからです。

どうやら、Googleがパンダアップデートにより、より品質の高い文章が書いてあるブログやサイトのみを検索順位の高ランクに配置するような感じになってきているためです。そのため、ランサーズやCrowdworks、シュフティなどのタスクワークで募集した400文字くらいの文章では、太刀打ちできない状態になってきているようです。いったいどうすればよいのでしょうか。

話は簡単です。400文字くらいの文章では中身がないと判断されるわけですから、文字数を600文字や800文字くらいにすればいいのです。たとえば、800文字だとしたら原稿用紙2枚をびっちりと埋め尽くした文章となるので、それなりのボリューム感があるといえるのではないでしょうか。なので、記事を執筆する際には、より検索エンジンの上位に表示されるように、800文字を目安に書くと良いでしょう。

ネット副業は年々、Googleの最適化により厳しくなっているように思えますが、実のところはその反対で優しくなっています。ブラックハットSEOが通用しなくなってきているため、ホワイトハットSEOでも普通に戦い抜けるようになってきているためです。もちろん、ホワイトハットSEOは上位表示までに時間がかかるため、半年から1年くらいは様子を見なければなりませんが、そのあいだにコンテンツを充実できる時間があると考えればさほど、がっかりするような事態でもないはずです。もちろん、その時間をしっかり乗り切って更新し続けることができればの話が最難関で、そこがアフィリエイトのネット副業のむずかしさかもしれません。参入障壁は高いといえるでしょう。

SNSでもご購読できます。