お金とは何かを子供に体感させよう

子供にお金を持たせたら何に使うか分からないから恐い。そう考えて積極的にお金を子供に渡さない親御さんが多いようです。しかし、このやり方はその時は問題ないかも知れませんが、後々になって困ってしまう可能性が高いと思います。一生お金と関わらずに生活していけるのなら、それでも構わないのですが、現実問題としてお金と無縁の生活を送ることは不可能に近い事なのです。で、あるのならばむしろお金と子供を切り離そうとするのではなく、どう付き合っていくのかを本人に考えさせた方が有効なのではないでしょうか。

そのための方法は様々です。新聞やネットなどあらゆるメディアを使って、お金に関する情報を集めて、それに関して親子で話し合うのも良いでしょう。一緒に買い物に行って、そこで商品と値段を見比べてみる等の方法もあります。ただし、この様な間接的な方法で子供に理解させるよりも実際にお金を使わせる方が為になるという人もいます。

お小遣い稼ぎは今時の子供の教育ではあまり行われていないそうです。塾に通わせる親は数え切れないほど多い様ですが、このような身近な教育には無関心になってしまう事が多いのでしょう。しかし、このお小遣い稼ぎは決して侮る事が出来ません。働いてお金を稼ぎ、それを別の場所で使うという至極当たり前の行為を体感させる事が出来るからです。

まだ幼い自分の子供に労働まがいの事をさせるなんて、そんな事は出来ないと思うのは理解できます。ですが、ここは心を鬼にしてください。その時の苦労が後になって花開くはずなのです。明日、明後日の事では無くて5年先10年先の未来を見る様にしてください。そうすれば今なぜこの様な事をあえてするのかが理解できるはずです。

結果が出るのは随分先になる訳ですが、きっとその時になって子供は、お小遣い稼ぎをさせてくれた親に感謝してくれるはずです。お金を稼ぎ、それを使いこなせるようにしてくれたのは子供時代の親のおかげであると。

SNSでもご購読できます。