先物取引をサラリーマンの副業とする

とかく将来の日本経済が不安視される世の中です。本業だけでは立ちゆかなくなるとは、よく言われていることです。日本経済の先行きなど、私のような一介のサラリーマンには見通せるものではありませんが、負け犬にだけはなりたくないので、私もサラリーマンの副業として金融投資を始めてみました。

一口に金融投資と言っても、その内実は様々です。株式投資や先物取引、FX投資など、実に多種多様な金融商品があるのです。どれがサラリーマンの副業として相応しいかは一概には言えません。十分な資金を所有している人なら株式投資で安定した収益を目指せばいいでしょうし、デイトレードやスキャルピングなどの短期投資を好む人はFX投資を選べばいいでしょう。私が選んだのは日経225の先物取引です。株式投資をするほどの資金もなく、FXでデイトレードをするほどの暇もない私にとって、先物取引が理想的な金融商品に思えたのです。

日経225先物取引の魅力は、何といっても高いレバレッジをかけられることです。少ない資金しかもたないサラリーマンにとって、レバレッジの高低は死活問題ですが、日経225先物取引なら心配ありません。たとえば、miniの場合、1枚は1000円となっていますが、これは相場が10円動くたびに1000円の損得をするということです。つまり、日経225の株価指数が18000円のときにミニ1枚を買ったとして、指数19000円のときに決済するとすれば、10万円の儲けになるということです。レバレッジをかける金融商品の場合は、証拠金も必要となりますが、日経225ミニの場合は十数万円もあれば十分ですから、まさに少ない資金で一発逆転を狙える投資方法だと言えるのです。最近の日経平均は変動が大きいので、デイトレードでも利ざやを稼ぐことができるでしょう。

このように、サラリーマンの副業として投資に取り組むのならばば、日経平均225の先物取引に挑戦してみることが望ましいと思います。この先の日本経済がどうなるかは分かりませんが、日銀が金融緩和をつづけるかぎり、日経平均だけは上昇していくものと思われます。今は投機に向いた時期でしょう。

SNSでもご購読できます。