主婦のパートとフルタイム勤務について

パートと言えばまず思い浮かぶのが短時間勤務、そして主婦の仕事というイメージです。よく見られるケースとしては、子供が学校に行っている時間だけ働くというパターンです。子供が学校から帰ってくる時間には家にいて迎えてあげたいと思う主婦が多く、また家事をする時間のことを考えてもパートを希望する主婦が多くいます。
それではパートとフルタイム勤務と、それぞれのメリットデメリットを見てみます。
まずパートのメリットは、子供が学校に行っている時間だけの勤務、などのように、短時間の勤務という点です。そのため家事や育児に大きく支障をきたすことが少なく、仕事と家事育児と両立しやすいです。また短時間勤務なので、肉体的にもフルタイムに比べて疲れにくです。パートのデメリットとしては、やはりお給料がそれほど高くないという点です。また責任ある仕事にはつきにくいという事もあります。他にもパートで出来る仕事には接客業が多く、働ける職種も限られる場合があります。希望の職種が通らないこともあるかもしれません。
次にフルタイム勤務のメリットデメリットを見てみます。
フルタイムのメリットは、パート勤務に比べてやはりお給料が高いことにあります。また勤務していくうちに責任を持つ立場にたったり、やりがいもあります。また会社からの保証も手厚い場合が多いです。デメリットとしては、やはり勤務時間が長いので仕事に拘束される時間が長くなります。特に責任がある立場になればなるほど、残業等も増えていくので、家事育児と両立するにはパートナーや家族の協力が不可欠になります。労働時間が長くなると、家族や子供とコミュニケーションをとる時間が少なくなる、という点もあります。それに加えて、肉体的にもパートに比べて疲れます。
パートとフルタイム勤務と、どちらが良くてどちらが悪いというわけではありません。それぞれの家庭の事情や環境は違うので、それに合わせてパートかフルタイム勤務か選ぶことをオススメします。

SNSでもご購読できます。