在宅ワークでデザイナーとして頑張っている知人

在宅ワークでデザイナーとして頑張っている知人がいます。
知人といっても夫の会社の同僚の方です。
私は一度だけお会いしたことがありますが、とても素敵な女性でした。
その知人はもともとデザイナーの仕事がしたかったようで、デザインの学校に通っていたそうです。
一度就職してから体を壊してしまったことがきっかけで在宅ワークに切り替えたと言っていました。
在宅ワークといってもデザイナーの仕事の案件はたくさんあります。
知人はとても仕事が大好きで、朝から夜までパソコンの前で仕事をしているそうです。
それでも自宅で仕事をするには完全な自己管理が必要になってきます。
何時から何時まで仕事をして、何時にご飯、どこで休憩を入れるかなど自分で全部決める必要があります。
やっているうちにそれがとても大変だと思った知人は都内のコワーキングスペースで仕事をすることにしたそうです。
そこには在宅ワーカーの人たちが集まって仕事をしています。
自宅だと他に人がいないので黙々と仕事をすることになりますが、コワーキングスペースだと同業種の人とも異業種の人とも知り合うことができて、情報交換をしたりお互いに切磋琢磨したりと相乗効果があって良いと言っていました。
コワーキングスペースに行くと仕事せざるを得ないので、少し寝たいなとか食べたいななどという誘惑にも負けないでいられるのがいいそうです。
確かにずっと自宅で作業をしていると鬱々としてしまうこともあるかもしれませんし、場所を変えて仕事をするのは良い考えだと私も思いました。

今は知人は在宅の仕事をやめて夫の会社を手伝っています。
それでもデザインの仕事は自宅でもできるので、自宅でもフルで仕事をしているそうです。
本当に仕事が好きだと言っていたので、それは素晴らしいことだなと思います。
旦那さんも在宅で仕事をしているそうで、料理はお子さんの世話などは主に旦那さんがしてくれるそうです。夫婦で助け合っているのも素晴らしいなと思いました。

SNSでもご購読できます。